啓林堂書店 奈良の書籍

奈良の書籍

奈良の歴史・文化・観光ガイドブックなど、奈良を知る書籍をご紹介します。ご紹介は一例です。定期的に内容を更新いたします。

IN NARA 悠久の歴史、やまとびとの心

■出版年月/2020年2月
■ジャンル/写真集
■文/井上千鶴
■写真/井上博道
■出版社/光村推古書院
■税込価格/1,958円
■サイズ/191P 15×15cm

奈良を愛し、撮り続けた写真家・井上博道。
彼の写した古都のエッセンスが一冊の本に。
仏像や社寺、そして豊かな自然。奈良の魅力を美しいビジュアルで。
ハンディなサイズ、日英併記で外国の方のお土産にもぴったりです。

古代史講義 宮都篇

■出版年月/2020年3月
■ジャンル/新書、教養
■著者/佐藤信
■出版社/筑摩書房
■税込価格/1,012円
■サイズ/301P 18cm

古代の代表的宮都を、飛鳥の宮々・難波宮・大津宮から藤原京・平城京・恭仁京・紫香楽宮・平安京、さらには大宰府、平泉に至るまで十五講にわたって紹介。最新の調査成果と、深まりゆく研究を紹介しつつ、宮都の実像を叙述するだけでなく、各時代の社会的背景となる古代都市のあり方をも明らかにする。一般読者に向けて先端研究を解説し、旧来の古代史イメージを刷新するシリーズ第三弾。

歪められた古代天皇 『古事記』『日本書紀』に隠された真実

■出版年月/2020年3月
■ジャンル/教養、新書
■著者/家村和幸
■出版社/宝島社
■税込価格/1,078円
■サイズ/353P 18cm

『古事記』『日本書紀』には、明らかな間違いや不明確な箇所、さらに故意に史実を書き換えている部分も存在する。それは、『記・紀』が、仏教と唐風文化が蔓延する時代に日本の歴史をリセットする目的で書かれたからだ。そのため、崇仏派でない天皇は否定されてきた。本書で、『記・紀』に隠された「本当の日本の歴史」を再現する。
<目次>
序章 『古事記』『日本書紀』によって隠された超古代史
第1章 秦人と日ユ同祖論
第2章 顕宗天皇と仁賢天皇
第3章 継体天皇と安閑天皇・宣化天皇
第4章 欽明天皇と聖明王
第5章 敏達天皇とオシサカヒコヒトノ太子
第6章 蘇我氏系天皇二代と神仏戦役
第7章 推古天皇・聖徳太子と秦河勝
第8章 舒明天皇と皇極天皇
第9章 孝徳天皇と大化の改新
第10章 天智天皇と白村江の海戦
第11章 弘文天皇と大海人皇子


図典「大和名所図会」を読む 奈良名所むかし案内

■出版年月/2020年3月
■ジャンル/歴史、教養
■著者/ 本渡章
■出版社/創元社
■税込価格/4,180円
■サイズ/254P 26cm

原寸復刻された迫力ある名所絵を読み解き、江戸時代の奈良へ誘う案内書。約180点超に及ぶすべての絵図も縮小掲載し、地名やキーワードで引ける画期的な図典。

京都・奈良神社めぐり案内 カラー版

■出版年月/2020年3月
■ジャンル/教養、新書
■著者/古社参拝研究会
■出版社/宝島社
■税込価格/1,408円
■サイズ/223P 18cm

千年の都、京なら上賀茂神社の立砂、下鴨神社の糺の森、伏見稲荷の千本鳥居、八坂神社の祇園祭、北野天満宮の梅…。神話が息づくまほろば、大和なら、大神神社の大鳥居と三輪山、石上神宮の七支刀、玉置神社の神代杉、春日大社の鹿島立神影図…。鳥居、神木、依代、社殿、祭祀…、名神社には名神社ならではの美宝が伝わっている。京都・奈良の71の名神社の縁起、見どころを、訪れるための基本情報とともに徹底ガイド!持ち歩きに便利な、ハンディタイプの永久保存版!!

歩いて楽しむ奈良 大和路 〔2020〕

■出版年月/2020年3月
■ジャンル/ガイド
■出版社/JTBパブリッシング
■税込価格/1,100円
■サイズ/175P 21cm

地図で歩く30コース。観光+歴史+風景、1コース徒歩3時間以内のおさんぽ旅へ。

<目次>
古都奈良で麗しの仏像に出会う
奈良・西ノ京
斑鳩・大和郡山
山の辺の道・初瀬
飛鳥・藤原京
吉野・五條

一生に一度は見たい日本の国宝100選

■出版年月/2020年1月
■ジャンル/教養、芸術・美術
■出版社/宝島社
■税込価格/1,210円
■サイズ/111P 30cm

国宝巡りの必携本!“細かすぎる”鑑賞ポイント!! 日本初の世界遺産 法隆寺五重塔ほか、主要国宝を完全網羅&見どころを徹底詳解! 時代を超えて受け継がれてきた“美の真髄”に触れる!

古事記・日本書紀 神話を旅する 【TJMOOK】

■出版年月/2020年2月
■発売日/2020年2月19日
■ジャンル/古代史、教養
■出版社/宝島社
■税込価格/1,540円

出雲、伊勢の両大社の式年遷宮が行われ、編纂1300年を迎え、俄然注目を集める『古事記』『日本書紀』 。豊穣なる神話の舞台、神々の聖跡を訪ね、あら教養すじ+ルポ、上質なビジュアルとともに二大史書を紹介するタイムトリップ読本です。

大地の古代史 土地の生命力を信じた人びと

■出版年月/2020年1月
■ジャンル/古代史
■著者/三谷芳幸
■出版社/𠮷川弘文館
■税込価格/1,870円
■サイズ/204P 19cm

古代の人びとは、大地とどのように関わっていたのか。地方と都の人たちの大地をめぐる豊かな営みや、土地へのユニークな信仰を追究。「未開」と「文明」の葛藤をたどり、日本人の宗教的心性のひとつの根源を探り出す。

万葉恋づくし

■出版年月/2020年1月
■ジャンル/教養、文庫
■著者/梓澤要
■出版社/新潮社
■税込価格/737円
■サイズ/359P 16cm

万葉歌人は、じつは恋愛下手でした―。若い大伴家持から恋歌を贈られた年上女性の、理性と情熱の揺らぎを描く「年下の男」。夫に愛想を尽かした妻が出した結論「しゑやさらさら」。恋の歌が苦手な女の前に現れた庭を愛する男との、不意の出来事が胸を焦がす「恋の奴」。その他、下級役人の滑稽な同棲「紅はかくこそ」など全七編。歌人たちのおおらかで不器用な恋の一瞬を、みずみずしく描く傑作。

ころころ古事記 ゆる神様の神社ナビ

■出版年月/2019年12月
■ジャンル/雑学、文庫
■著者/松尾たいこ
■出版社/かざひの文庫
■税込価格/1,650円
■サイズ/169P 19cm

古事記ゆかりの神社を御祭神のゆる神様がご案内!4コマ漫画で古事記ストーリーもまるわかり。古事記をもっと楽しむための神様&神社図鑑。

るるぶ奈良’21

■出版年月/2020年1月
■発売日/2020年1月14日
■ジャンル/ガイド
■出版社/JTBパブリッシング
■税込価格/1,078円

世界遺産と国宝の宝庫・奈良の旅に必携!
大仏や阿修羅像など、教科書で見たことのある仏像を大特集した付録「仏像BOOK」をはじめ、世界遺産の寺社の詳細ガイドなど、お役立ち情報が満載。
かわいいものやおいしいものがいっぱいの人気エリア・ならまち、「万葉集」ゆかりの地として注目の飛鳥など、エリアガイドもたっぷり掲載!
社寺や仏像が好きな方にも、古都のまち歩きが好きな方にも使える1冊です。

最新調査でわかった「日本書紀」の真実

■出版年月/2019年12月
■ジャンル/歴史、教養
■監修/瀧音能之
■出版社/宝島社
■税込価格/1,100円

「日本書紀」に記載されていながら場所が不明だったり、架空の出来事だと思われていたことが、近年の発掘調査によって場所が特定されたり、事実であることが判明した例が多発しています。本誌は最新調査に基づき、仏教をめぐる物部氏と蘇我氏の対立の真相、ヤマト政権と出雲・吉備・丹波の関係、「日本書紀」編纂に隠された藤原不比等の策略など、日本最古の正史「日本書紀」に関する真実の数々を紹介します。

人物でわかる日本書紀 歴代天皇、后妃、有力豪族、渡来人、神々

■出版年月/2019年12月
■発売日/2019年12月24日(予定)
■ジャンル/古代史
■著者/古川順弘
■出版社/山川出版社
■税込価格/1,980円
■サイズ/303P 19cm

歴代天皇、后妃、有力豪族、文化人、渡来人、神々——古代史を彩る重要人物150人を精選。複雑で壮大な「日本誕生」に関わる物語を読み解く。

わかる日本書紀 日本を読もう 2

■出版年月/2019年12月
■発売日/2019年12月16日
■ジャンル/雑学、教養
■著者/(文)村上ナッツ、(監修)村田右富実、(マンガ)つだゆみ
■出版社/西日本出版社
■税込価格/1,540円
■サイズ/304P 19cm

予備知識なしに読むことのできる、はじめての日本書紀、第二巻!
第二巻では、天皇は国内のみならず朝鮮半島に乗り出します。その戦いや如何に!!
中国に向けて書かれた日本書紀は、これよりアジアとの関係が描かれていきます、当時の日本の世界への思いを感じてください。

わかる!元興寺 元興寺公式ガイドブック 第2版

■出版年月/2019年11月
■ジャンル/ガイド、歴史
■著者/元興寺、元興寺文化財研究所
■編集/元興寺、元興寺文化財研究所
■出版社/ナカニシヤ出版
■税込価格/990円
■サイズ/95P 15×17cm

飛鳥・平城から現在まで1400余年の歴史と、国宝を含む多くの重文と史跡を、美術史・仏教史・考古学の視点からわかりやすく紹介。

〈畿内〉古墳探訪ガイド 大阪・京都・奈良・兵庫  改訂版

■出版年月/2019年11月
■ジャンル/ガイド
■著者/松本弥
■出版社/メイツユニバーサルコンテンツ
■税込価格/1,980円
■サイズ/160P 21cm

156ヶ所の古墳・遺跡と24カ所の博物館・資料館を、写真と図解で詳細にご紹介! 奈良の飛鳥資料館も紹介されていますよ。
時代区分や遺跡の種類、出土遺物、特徴など、詳しい解説で遺跡巡りに便利な1冊です。

自分という木の育て方 奈良「くるみの木」店主の仕事と暮らしとこれからの話

■出版年月/2019年10月
■ジャンル/エッセイ
■著者/石村由起子
■出版社/平凡社
■税込価格/1,650円
■サイズ/142P 19cm

奈良の超人気カフェ・雑貨の店「くるみの木」オーナーによる生き方教本。仕事、暮らし、人付き合い、人生のたたみ方、本当に豊かな生き方とは。中村好文氏設計の新居も公開。

古事記神話入門

■出版年月/2019年11月
■ジャンル/文庫、教養
■著者/三浦佑之
■出版社/文藝春秋
■税込価格/814円
■サイズ/247P 16cm

イザナキ、イザナミの国生みから、高天の原を混乱に陥れたアマテラスとスサノヲの 諍い、国譲りをするオホクニヌシ、初代天皇イハレビコの誕生まで。日本人なら一度 は読んでおきたい日本の始まりの物語が「あらすじ」と「解説」でわかりやすく、よ り深く理解できる。ベストセラー『口語訳 古事記』の著者による決定版入門書。

世界一楽しい!万葉集キャラ図鑑

■出版年月/2019年11月
■ジャンル/雑学、教養
■著者/岡本梨奈
■出版社/新星出版社
■税込価格/1,320円
■サイズ/159P 19cm

「そこのかわいい女子、名前はなんていうの? 俺は天皇だけど」「人はいつか死ぬんだからさ、生きてるうちは楽しく飲もうよ!」なんでしょう、令和の時代に読んでも面白すぎるこの感覚。どちらも万葉集の歌なのです。他にも、えっ、こんな歌があるの? と驚くこと間違いなし。全20巻からなる日本最古の歌集から、今味わいたい名歌・約60首を厳選。そして、歌を紹介するのは、ゆかいなキャラたち。マンガも入って、どんどん読みたくなる、いちばん楽しい万葉集の入門書です。

奈良の書籍 Category

ページTOPに戻る